ガジェットとアイディアで、一人暮らし男子の日常をワンランクアップさせるブログ

iPhone Xをもっと便利に使うならこちら

iPhone Xでバッテリー残量(パーセント表示)を確認する2つの方法

 
iphonex-battery-capacity
この記事を書いている人 - WRITER -
チャンダイ
大阪府出身、東京在住のグラフィックデザイナー兼、WEBディレクターです。 新しいモノを見つけること、また古いモノを大事に使うことが大好きです。 思いついたらすぐに試してみたくなる性分です笑 日常の様々なモノゴトを、ガジェット(便利な道具)とアイディアを使ってより良くすることが得意です。 一人暮らし男子の日常をワンランクアップさせる情報をご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

なんや!iPhone Xにしたらバッテリーのパーセント表示が消えてしまったで!?

チャンダイ

こんにちは、チャンダイです。

 

ホームボタンが廃止され、本体全面が画面となったiPhone X。

 

画面が大きくなり、とても見やすくなったのですが、ひとつ困ったことがありました。

 

時計や電波強度、Wi-Fi表示などがノッチ(切り欠け)の左右の小さなスペースに配置されたことにより、バッテリー残量(パーセント表示)が確認できなくなってしまったのです。

 

今回はiPhone Xでバッテリー残量(パーセント表示)を確認する2つの方法を紹介します。

 


スポンサーリンク

 

iPhone Xでバッテリー残量(パーセント表示)を確認する2つの方法

コントロールセンターからバッテリー残量(パーセント表示)を確認する

バッテリー残量(パーセント表示)はコントロールセンターから確認することができます。

 

iphonex-controlcenter01

コントロールセンターは画面の右上を下方向にスワイプすることで表示できます。

 

iphonex-battery-capacity01

コントロールセンターでは、バッテリー残量がキチンとパーセント表示されていますね。

 

 

ウィジェットからバッテリー残量(パーセント表示)を確認する

2つ目に、「ウィジェット」で確認する方法があります。

 

iphonex-battery-capacity02

ロック画面、またはホーム画面の1ページ目から、さらに画面を右方向にスワイプします。

 

ここで表示されるのが「ウィジェット」画面です。

 

iphonex-battery-capacity03

ウィジェット画面最下部にある「編集」をタップしてください。

 

iphonex-battery-capacity04

ウィジェットの編集画面に遷移します。

 

画面上段の赤い「ー」アイコンが付いている項目がすでに表示されているウィジェット。

 

下部の緑色の「+」アイコンが付いている項目が追加できるウィジェットです。

 

iphonex-battery-capacity05

追加できるウィジェットの中に「バッテリー」というウィジェットがあるので、探して「+」アイコンをタップしてください。

 

iphonex-battery-capacity06

これで、「バッテリー」ウィジェットが表示されました。

 

このままだと見づらいので、バッテリーウィジェットの並び順を変更しましょう。

 

iphonex-battery-capacity07

右側の「三」部分を少し押し込みます。

 

軽い振動とともに項目が浮き上がります。

 

このまま指を離さず、好きな順番に並べ替えましょう。

 

並べ替えが終わったら、画面右上の「完了」をタップして操作終了です。

 

iphonex-battery-capacity08

ウィジェット画面の一番上にバッテリー残量がパーセント表示されています。

 


スポンサーリンク

 

バッテリーウィジェットなら、その他デバイスのバッテリー残量もわかる

iphonex-battery-capacity09

バッテリーウィジェットなら、iPhone X本体だけでなく、ワイヤレスイヤホンなどiPhone Xに接続している他のデバイスのバッテリー残量もまとめて確認することができます。

 

特にワイヤレスイヤホンの場合、イヤホン本体にバッテリー残量を詳細に表示する機能自体がないことが多いため、細かな数値を知りたい場合に便利でしょう。

 

 

【応用編】バッテリー残量を「色」で確認する

iPhone Xでは、通常画面でのバッテリー表示は「電池アイコンのみ」となりました。

 

しかしこの電池アイコン、バッテリー残量とリンクして、増減しているのをご存知でしょうか?

 

細かい数字はわからないけれど、この電池アイコンを見ればある程度バッテリー残量を推測することができます。

 

また、バッテリー残量が20%になると「バッテリー残量が少なくなっています」というアラートとともに「低電力モード」の利用を促されます。

 

低電力モードをオンにすると、電池アイコンの色が黄色に変わります。

 

バックグラウンドでの処理が制限され、通常状態よりも電池の持ち時間を大幅に伸ばしてくれます。

 

さらにバッテリー残量が10%を切ると、電池アイコンの残量が赤色に変わります。

 

 

まとめ

今回はiPhone Xでバッテリー残量(パーセント表示)を確認する2つの方法を紹介しました。

 

バッテリー表示って、常に気にしているわけではありませんが、表示方法がわからないとちょっと焦りますよね。

 

今回紹介した方法は、どちらも1度のスワイプが必要なので、手間的には変わりません。

 

その他のデバイスの残量は特に気にしないということであれば、コントロールセンターから確認する方が、事前設定もなく簡単です。

 

 


スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
チャンダイ
大阪府出身、東京在住のグラフィックデザイナー兼、WEBディレクターです。 新しいモノを見つけること、また古いモノを大事に使うことが大好きです。 思いついたらすぐに試してみたくなる性分です笑 日常の様々なモノゴトを、ガジェット(便利な道具)とアイディアを使ってより良くすることが得意です。 一人暮らし男子の日常をワンランクアップさせる情報をご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© コシって大事。 , 2018 All Rights Reserved.