ガジェットとアイディアで、一人暮らし男子の日常をワンランクアップさせるブログ

iPhone Xをもっと便利に使う >

iPhone XでのAirDropのやり方と、今すぐ使ってほしい5つの理由!

 
iphonex-airdrop
この記事を書いている人 - WRITER -
チャンダイ
大阪府出身、東京在住のグラフィックデザイナー兼、WEBディレクターです。 新しいモノを見つけること、また古いモノを大事に使うことが大好きです。 思いついたらすぐに試してみたくなる性分です笑 日常の様々なモノゴトを、ガジェット(便利な道具)とアイディアを使ってより良くすることが得意です。 一人暮らし男子の日常をワンランクアップさせる情報をご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

便利なAirDropをもっとみんなに使ってほしいんや!

こんにちは、チャンダイです。

 

あなたは友人とデータを共有する時、どんな方法を使っていますか?

 

メールやLINEで送ったり、オンラインストレージを使ったり、様々な方法があると思います。

 

でも、Apple製品同士であれば、もっと簡単にデータを共有できる方法があるんです!

 

今回はiPhone XでのAirDrop(エアドロップ)のやり方と、今すぐ使ってほしい5つの理由を紹介します。

 


スポンサーリンク

 

AirDrop(エアドロップ)とは?

AirDrop(エアドロップ)とは、Bluetooth通信を使って、近くにある他のApple製品と写真や動画、WEBサイトや書類ファイルなど、(ほぼ)あらゆるデータを共有できる仕組みです。

 

 

AirDrop(エアドロップ)を今すぐ使ってほしい5つの理由

  1. iPhone/iPad/iPod/Mac間でデータの共有ができる
  2. ネット接続が必要ない
  3. (ほぼ)どんなデータでも共有できる
  4. 送受信の容量に制限がない
  5. 劣化なしのオリジナルデータが共有できる

 

iPhone/iPad/iPod/Mac間でデータの共有ができる

AirDrop(エアドロップ)が実装された当初はiPhoneとMacの間でのデータのやり取りはできませんでしたが、現在のiOS11とmacOSではそれも可能です。

 

自分のiPhoneで保存した画像や動画を簡単に自分のMacに転送できるようになりました。

 

ネット接続が必要ない

AirDrop(エアドロップ)は「Bluetooth」という通信網を使うため、ネット環境がない場所でもデータの送受信が可能です。

 

(ほぼ)どんなデータも共有できる

AirDrop(エアドロップ)で送受信できるのは画像だけではありません。

 

画像、動画はもちろんのこと、Safariで見ているWEBページやYouTubeの動画ページ、連絡先、App Storeのアプリダウンロードページ、位置情報やその他の書類データなど、(ほぼ)どんなデータも共有することができます。

 

しかも、受け取ったデータはそれぞれのアプリ内で表示、保存されるため、メールやLINEのように、受け取った後手動で保存する、といった手間もかかりません。

 

送受信の容量に制限がない

AirDrop(エアドロップ)には送受信の容量制限がありません。

 

もちろん、データの容量が大きいほど送受信に時間はかかってしまいますが、容量無制限でデータのやりとりができます。

 

劣化なしのオリジナルデータが共有できる

メールやLINEなどのメッセージアプリでは、ファイルサイズの大きすぎるデータは画質を落とさなければ送信できませんが、AirDrop(エアドロップ)の場合は劣化なしのオリジナルデータの送受信が可能です。

 

 

AirDrop(エアドロップ)を設定する2つの方法

コントロールセンターで設定する

iphonex-airdrop01

画面右上を下方向にスワイプし、コントロールセンターを表示します。

 

iphonex-airdrop02

Wi-FiBluetoothをオンにします。

なぜBluetoothだけでなくWi-Fiもオンにする必要があるかというと、

Bluetoothが近くにいるAppleデバイスを感知し、Wi-Fiの無線信号を使ってデバイス間で暗号化されたP2P通信を行なうためです。

引用:GIZMODO
「Appleユーザーなら、AirDropを活用すべし!」
https://www.gizmodo.jp/2018/03/air-drop.html

 

iphonex-airdrop03

画面左上のWi-FiやBluetoothのアイコンがある部分を強めに押し込みます。

 

iphonex-airdrop04

軽い手応えとともに表示が切り替わり、左下に「AirDrop(エアドロップ)」のアイコンが表示されます。

 

iphonex-airdrop05

3種類から任意の接続方法を選択してください。

 

受信しない AirDropを許可しない。
連絡先のみ 連絡先に登録してある人とだけAirDropを許可する。
すべての人

近くにいるAirDropが可能なすべての人と共有する。

この場合、知らない人とも共有できてしまうため、注意が必要。

これでAirDrop(エアドロップ)の設定完了です。

 

システムからAirDrop(エアドロップ)を設定する

まずはWi-FiとBluetoothがオンになっていることを確認してください。

 

iphonex-airdrop06

設定」→「一般」→「AirDrop」をタップ

 

iphonex-airdrop07

3種類から任意の接続方法を選択して設定完了です。

 

設定できる内容はどちらの方法も同じなので、コントロールセンターから設定する方法が断然おすすめです。

 


スポンサーリンク

 

AirDrop(エアドロップ)のやり方

AirDrop(エアドロップ)でデータを送信する

ここでは写真アプリを例にとって説明しますね。

 

基本的な操作方法はどのアプリの場合でも同じです。

 

iphonex-airdrop08

共有したい写真を選び、画面左下の共有アイコンをタップします。

 

iphonex-airdrop09

AirDrop(エアドロップ)が可能なデバイス一覧が表示されるので、共有したい相手のアイコンをタップしましょう。

 

iphonex-airdrop10

これで送信完了です。

 

iphonex-airdrop11

データは複数選択して同時に送信することもできます。

 

【合わせて読んでほしい関連記事

 

AirDrop(エアドロップ)でデータを受信する

誰かからデータを受け取る場合

誰かがAirDrop(エアドロップ)を使ってデータを共有してくれた場合は、そのデータのプレビューが付いた通知が表示されます。

 

「受け入れる」または「辞退」をタップしましょう。

 

「受け入れる」をタップした場合、データはそれぞれのアプリの中に入ります。

 

例えば、写真は写真アプリに、WEBサイトはSafariで開きます。

 

連絡先は連絡先アプリに保存されます。

 

簡単ですね。

 

自分自身にデータを送る場合

AirDrop(エアドロップ)を使って自分自身にデータを送る場合、例えば自分のiPhoneから自分のMacに写真を送る時などは、先ほどの「受け入れる」「辞退」という通知は表示されず、データは自動的に送られます。

 

「自分自身」の基準は、ふたつのデバイスが同じApple IDでサインインしているかどうかです。

 

 

まとめ

今回はiPhone XでのAirDrop(エアドロップ)のやり方と、今すぐ使ってほしい5つの理由を紹介しました。

 

Apple製品同士であれば、簡単な操作で(ほぼ)あらゆるデータの共有ができます。

 

自分のiPhone、Mac間のデータ共有も、友人のiPhoneにデータを送信するのも、AirDrop(エアドロップ)を使えばめちゃくちゃ簡単にできちゃいます。

 

これは使わない手はないですよね!

【合わせて読んでほしい関連記事

 


スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
チャンダイ
大阪府出身、東京在住のグラフィックデザイナー兼、WEBディレクターです。 新しいモノを見つけること、また古いモノを大事に使うことが大好きです。 思いついたらすぐに試してみたくなる性分です笑 日常の様々なモノゴトを、ガジェット(便利な道具)とアイディアを使ってより良くすることが得意です。 一人暮らし男子の日常をワンランクアップさせる情報をご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© コシって大事。 , 2018 All Rights Reserved.