ガジェットとアイディアで、一人暮らし男子の日常をワンランクアップさせるブログ

iPhone Xをもっと便利に使う >

Beoplay E8レビュー!美しすぎるデザインについて語る

 
beoplaye8-design
この記事を書いている人 - WRITER -
チャンダイ
大阪府出身、東京在住のグラフィックデザイナー兼、WEBディレクターです。 新しいモノを見つけること、また古いモノを大事に使うことが大好きです。 思いついたらすぐに試してみたくなる性分です笑 日常の様々なモノゴトを、ガジェット(便利な道具)とアイディアを使ってより良くすることが得意です。 一人暮らし男子の日常をワンランクアップさせる情報をご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

Beoplay E8最高や、最高に美しいデザインなんや!

チャンダイ

こんにちは、チャンダイです。

B&O PLAY初の完全ワイヤレスイヤホンBeoplay E8を購入して、1ヶ月半が経ちました。

僕は普段あまりイヤホンを使わないのですが、Beoplay E8を購入してからというもの、ほぼ毎日使うようになりました。

僕に新しい世界を見せてくれた「Beoplay E8」

今回はその美しすぎるデザインについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 
 

美しすぎるデザイン

有機的な曲線美

beoplaye8-design01

まずは見てください、この美しいデザインを!

めちゃくちゃかっこいいですよね!

有機的な曲線で描かれたイヤホン本体は、デザインの美しさと耳へのフィット感を両立させており、眺めていても見飽きない不思議で魅力的な形をしています。

物理ボタンのないなめらかなフォルム

beoplaye8-design03

Beoplay E8は物理ボタンがありません。

本体左右のロゴ部分がセンサーになっていて、タッチ操作で全てを行います。

イヤホンの物理ボタンは小さくて押しずらかったり、それが原因で耳から外れてしまったりもします。

Beoplay E8はタッチセンサーを採用したことにより、見た目の美しさと操作性を両立させてくれました。

マットで上品な質感

beoplaye8-design03

光を柔らかく反射するマットな質感です。

そんな中、キラリ輝くシルバーのリングがアクセントとなって、Beoplay E8の上質さをさらに際立たせています。

その小さな体にはおよそ似つかわしくない気品を漂わせ、どことなく色気すらも感じさせます。

まさかイヤホンに「色気」なんて表現を使う日がくるとは、夢にも思いませんでしたよ笑

しっとりと手に馴染むので、滑って落とすなんてこともありません。

見れば見るほど、本当に美しいデザインです。

他のワイヤレスイヤホンって本体がテカテカのプラスチックで安っぽく見えるモノが多いじゃないですか。

せっかくデザインにこだわっていても、質感が安っぽいと台無しです。

その点、Beoplay E8は質感も含めてちゃんとデザインされています

神は細部に宿る

beoplaye8-design04

ペアリング確認用のLEDライトは本体裏側についており、装着すると隠れて見えません。

美しい外観も、ささいな光の点滅で一気に安っぽくなってしまうものです。

細部までとことんこだわり尽くしたからこその配慮ですね。

スポンサーリンク

耳からはみ出さず、コンパクト

フィット感とともに重要なのが、「耳からはみ出さない」ことです。

どんなにイヤホン自体のデザインがかっこよくても、正面から見た時に耳から大きくはみ出すようでは、装着した姿そのものがダサくてどうしようもないです。

耳から巨大なイヤホンをはみ出して歩いている人を見ると、思わずギョッとしてしまいます笑

どうでしょう!

Beoplay E8のこのコンパクトさ!

ほとんど耳からはみ出てないでしょ!

特にスポーツタイプのイヤホンってデザインからして「THE★スポーツ」感満載なので、普段着や通勤時に付けるのはやっぱりなんだか恥ずかしいです。

Beoplay E8なら、カジュアルからフォーマルまで、どんな服装で使用しても違和感がありません。

スポンサーリンク

宝石箱と見紛う本革の充電ケース

すみません、ちょっと言い過ぎたかもしれません笑

でも見てください。

この上質で美しい本革製の充電ケースを!

beoplaye8-design05

パッと見、指輪か何かが入っていそうじゃないですか?!

中にはちゃんとイヤホンが入っています笑

手のひらサイズのコンパクトさでありながら、本体同様しっとりと手に馴染み、いつまでも手に取っていたくなります。

しかも、このケースはただ美しいだけではありません。

ケース自体が充電器になっており、本体2回分(8時間再生分)の充電ができるのです。

本体収納部とケースの開閉部分はマグネット式になっていて軽く開け閉めできるのに、磁石の力でしっかりと閉じてくれるので鞄の中でうっかり開いてしまうなんてこともありません。

文字でお伝えできないのがとても残念なのですが、僕がこの充電ケースで一番好きなのがケースを閉じる時の「音」です。

ぜひ実物を手にとって試してみてください。

宝石箱を思わせる柔らかで上品な音がするんです。

スポンサーリンク

これはただの道具じゃない、「装飾品」である

細部にまでこだわり尽くされたBeoplay E8のデザインは、美しさにも機能性にも一切の妥協がない、ワイヤレスイヤホンの完成型と言えるべきものではないでしょうか。

洗練されたその美しさは、もはやただ音楽を聴くための道具ではなく、日常を彩り、気分を高揚させてくれる上質な「装飾品」です。

指輪やネックレスと同じ「ジュエリー(宝石)」と呼んでも差し支えないかもしれません(さすがに差し支えあるかな笑)。

とにかく、僕の所有欲を十二分に満たしてくれる逸品であることに間違いはありません。

普段イヤホンを持ち歩かない僕が、遅刻ギリギリでもわざわざ取りに戻るくらい気に入っています笑

スポンサーリンク

まとめ

身に付けるものは、何度見ても見飽きないくらい気に入ったものを選びたいものです。

Beoplay E8は、僕が3ヶ月以上ワイヤレスイヤホンについて調べてようやく出会えた最高のイヤホンです。

もし今、あなたがワイヤレスイヤホンをお探しであれば、Beoplay E8をぜひ候補に入れてあげてください。

スポンサーリンク
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
チャンダイ
大阪府出身、東京在住のグラフィックデザイナー兼、WEBディレクターです。 新しいモノを見つけること、また古いモノを大事に使うことが大好きです。 思いついたらすぐに試してみたくなる性分です笑 日常の様々なモノゴトを、ガジェット(便利な道具)とアイディアを使ってより良くすることが得意です。 一人暮らし男子の日常をワンランクアップさせる情報をご紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© コシって大事。 , 2017 All Rights Reserved.